しみやくすみの対策

しみやくすみの対策

しみやくすみは、女性にとって何かと気になる肌トラブルです。目の周りのしみやくすみが一層目立つのは、特に睡眠不足の翌朝など顔色が良くない時です。逆にしみやくすみが目立ってしまうでしょう。近頃では、いろいろな化粧品メーカーが化粧品でしみやくすみをカバーするものを販売しているようです。しみやくすみを目立たなくすることにも役立つのが、ファンデーションやコンシーラなのです。しみやくすみの根本的な改善にできれば取り組めると良いですね。新しい皮膚細胞の作りやすい肌になることはしみやくすみを解消するポイントなので、肌の新陳代謝を活発にしましょう。質のいい睡眠、ストレスを蓄積しないこと、栄養の偏りのない規則正しい食生活も重要です。肌の健康を保つために、ビタミンCを含む食品を意識して摂取するようにしましょう。お肌の健康な状態を保つためにも必要なのは、過剰な糖分や油脂の摂取は控え、アルコールや喫煙も極力抑えることなのです。肌荒れの原因になるのが、ストレスです。新しい細胞が作られる機会が確保されるのが、夜更かしをせず、十分な睡眠をとることです。お肌を正しいスキンケアで清潔に保ち、保湿を十分なすることが大切です。代謝というのは、肌は潤いが保たれ、きれいな状態である方が活発になるといいます。小さなことかも知れませんが、全てがしみやくすみの改善につながっているので、毎日のスキンケアを続けることは、重要です。

しみやくすみの原因

しみやくすみは、肌で生成されたメラニン色素が沈着した状態をいいます。このメラニン色素が生成されるのは、紫外線などの刺激によるもので皮膚の細胞を守っています。本来ならば、メラニン色素は皮膚に一定期間留まった後、肌の新陳代謝で体外に排出されて消滅します。ですが過剰にメラニン色素が生成されると、肌に残ることになるのは、代謝での排出が追いつかないからです。しみやくすみの原因です。紫外線の影響や長期に渡る肌の炎症などにより、しみやくすみの原因となるメラニン色素の過剰生成がおこります。色素が沈着ししみやくすみになるのが、皮膚のかぶれやにきびが悪化したことが要因のこともあります。代謝の低下や肌の乾燥、血行不良が高齢によっておこることで、排出されづらくなるのが古い皮膚です。歳を取ると、メラニン色素が残りやすい傾向があるようです。肌が敏感になっている妊娠中や生理中は、女性ホルモンの影響でメラニンの過剰生成が行われる場合があったり、紫外線や乾燥の影響を受けやすくなっていたりするようです。くすみは、メラニン色素の沈着のほか、角質層が厚くなって透明感を失ってしまったり、血流不全で毛細血管に濁った血液が流れていることが原因です。それぞれしみやくすみ対策は原因によって異なるものですので、はじめに何が原因で自分の肌の状態になっているのかを調べてみると良いでしょう。

老人性色素班によるしみやくすみ

何がしみやくすみの正体かというと、老人性色素班ということがあります。名前には老人性とついていますが、早い人では20代後半から30代の人にできるしみやくすみの一種だそうです。40歳代では6割の人にあり、大きなものでは数pにもなる場合があるそうです。老人性色素班の要因は、紫外線が長年の蓄積によって影響するかもしれないというとです。いわば5年〜20年前からの紫外線の影響で細胞の核が弱まり、メラニン色素を過剰に生成することが常態化しているのです。直接的な原因というわけではないのが、加齢がです。日常の作業やスポーツを若い頃から強い紫外線の下でしていた人や、紫外線に元々弱い色白の肌をしていた人にできやすいようです。手の甲や肩など、紫外線を浴びる機会が多い場所にしみやくすみができますので、顔だけではありません。何らかの対策を取りたいところなのは、しみやくすみが顔や身体に増えると実年齢より老けて見えるからです。紫外線をできるだけ浴びないことが予防になりますが、困難なのが一旦濃くなった老人性色素班の完全な除去をすることです。ケミカルピーリングやレーザー照射による施術が皮膚科や美容外科ではできますが、痕が残ってしまうことが肌質によってはありますので、おすすめなのは事前にカウンセリングを受けることです。しみやくすみのない状態を日頃からの心がけで保つことによって、将来の美白を得ることができるのです。