保湿クリームの選び方

保湿は大事

保湿クリームは、寒くなり、暖房などをつけっぱなしにするこの季節には欠かせない物の一つではないでしょうか?季節が晩秋を過ぎるとぐっと気温は下がり、空気が乾燥します。この季節に湿度が下がるのは、空気中の水分が減少するためです。空気が乾燥すると肌に含まれている水分も蒸発しやすくなる為に、乾燥肌になってしまうのです。肌に含まれていた水分が蒸発することでかゆみやつっぱりを感じるのは、寒い日に保湿クリームなしで過ごした時が多いようです。気温が下がった事で肌の自然な保湿機能が低下して、乾燥肌になると言う事もあります。乾燥肌になると痒くなったり、人によっては今まで使っていた保湿ローションや保湿クリームなども、合わなくなってしまったりします。ひび割れやあかぎれなどを起こす事があるので、冬はスキンケアをきちんとする事が大切です。人体の7割は水分でできているので、何よりも極度の乾燥は、最終的にシワやたるみにつながってきます。そのため、保湿を行うとはスキンケアの基本です。シワやたるみを解消するには、まず肌タイプに合う保湿クリームを見つけ、適切に扱うことにあります。普段から肌の乾燥を予防するために、きちんと保湿クリームを肌につけるようにしてください。

保湿クリームの選び方

保湿クリームは適切な選択と正しい方法で肌につけることが大事です。保湿クリームもいろいろな商品が販売されているので、いざ買うときに迷ってしまうと言う事は良くあるのではないでしょうか?保湿クリームの上手な選び方についていくつか調べてみました。肌の状態はどのようなものか、そのためにはどんな成分が必要かがまず第一です。ワセリンや馬油を保湿クリームとして腕や足の乾燥に使うということもできます。どちらの成分も脂で構成されているためにべたつきを感じることもありますが、肌への刺激が少ないので、肌が弱い人や子どもでも安心して使うことができます。ビタミンEやビタミンAが含有されている保湿クリームは、顔の保湿を目的として利用できます。近年では、スクワランやコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといった美容に効果的な成分が配合された保湿クリームが注目されています。肌を保湿すると同時に、美肌に良いとされるビタミンAやビタミンAを取り入れてきれいに肌になるというものです。肌の保湿に効果的なコラーゲンやヒアルロン酸は、肌のみずみずしさを維持する成分です。セラミドは肌のバリア機能を高めてくれるので、寒さによる保湿機能の低下を防いでくれます。いくつもの成分が保湿クリームには利用されているので、成分の特性を踏まえてより使いやすいものを選びましょう。気温が低く、乾燥しがちな季節は肌が外界の刺激にも弱い状態になっていることが多いため、保湿クリームも低刺激タイプを探すといいでしょう。

保湿クリームの利用方法

保湿クリームには正しい使い方がありますが、それほど大仰なものではありません。保湿クリーム以外の基礎化粧品もそうですが、正しく扱うことでより良い効果が期待できます。クレンジング剤や洗顔剤を使って顔を洗ったら、できるだけ早くローションをつけます。ローションで肌に十分に水分を与えた後に、保湿クリームを塗るのが効果的な利用方法です。せっかくローションを使っても、保湿クリームをつけなければ肌から水分が逃げてしまいます。補給した水分が肌に吸収されなければ意味がありません。保湿クリームを肌にまんべんなくつけることで、水分が肌の奥にまで浸透していきます。保湿クリームを塗るときは手のひらで暖めてから顔にゆっくりと伸ばしていきましょう。少し温めることで保湿クリームはなめらかな状態になり、肌の上に乗せやすくなる性質があります。顔の皮膚はとても弱いので、こすったりするとシミやシワの原因になる事があります。一度手で暖めて使うと肌への負担が少なくなります。時間に余裕がない時でも、スキンケアの時間を惜しむと肌に直接影響があります。お肌のお手入れ自体をおっくうだと思う人もいるでしょう。年を取っても変わらぬ美肌でいるために、保湿クリームを毎日付け続けることは意味があるのです。