肌のたるみ

肌のたるみ

何が原因で肌のたるみが起こるのでしょうか?全く若いころはシミもしわも気にならなかったのに、少しずつ肌は年令とともに衰えてしまうのは当たり前です。一番の肌の老化の悩みといえば、たるみといえるかもしれません。加齢の象徴ともいえるのが、肌のハリや弾力がなくなり、重力によって否応なく下がっていく皮膚です。どうしても老け顔に見えてしまうのがたるみのある顔なので、できるだけ早めにたるみを防ぎましょう。気付いた時にはもう手遅れということも、しみやしわと違い、自分ではなかなか感じにくいのであるでしょう。最近はたるみを予防する化粧品や、たるみに一定の効果のある美容法などもあるので、興味のある人はいろいろ調べてみるのもいいでしょう。実際の年齢と異なるのが、肌年齢です。シミやしわが気になり始めてきたり、今までに比べて化粧ののりが悪くなったりしたら、気をつけなければなりません。気になり始めた時にはすでに肌のたるみも始まっていることが多いようです。早め早めの対応で毎日のスキンケアにもより一層気を使っていきましょう。年齢とともに肌の状態は変わるものなので、化粧品が若いころから使っていたものは年齢にふさわしくないことがあるのです。無料で肌に対するカウンセリングも行っているところが、百貨店の化粧品コーナーなどには結構あります。おすすめなのは、一度肌のたるみについて相談してみることです。

肌のたるみの原因

いくつか肌のたるみの原因には何があるのでしょうか?若い肌との明らかな違いを感じるのは、しみ、しわ、そしてたるみです。自分で鏡を見て老けたなと感じるときに一番多いのは、たるみを自覚したときだそうです。皮膚の老化現象と筋肉の老化現象の2つに、一般的にたるみの原因は大きく分けられるようです。中でも皮膚の老化現象の最大の原因は、肌の水分不足だといいます。十分に毎日のスキンケアで水分を補給し、水分量を常に一定に保つことで遅らせることができるのが、肌の老化現象です。肌の表面にだけしか化粧水や乳液といった化粧品では作用せず、なかなかもっと深いところから来るたるみには対応することができないようです。エラスチンやコラーゲンといった真皮層の成分が、肌表面のハリや弾力を支えているといいます。たくさんコラーゲンなどの成分を含んだ化粧品を選択したり、食事にも気を使うと良いでしょう。もうひとつの大きなたるみの原因は、筋肉の衰えだそうです。筋肉は真皮層に直接くっついており、顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があるようです。皮膚の土台と顔の筋肉はなっているものなので、肌が徐々にたるんできてしまうのは、土台である筋肉が衰えることが原因です。一定の脂肪が顔にはついていますが、脂肪の量も加齢とともに減少するのでが肌のたるみやしわの原因にそれもなってしまうようです。

肌のたるみを防ぐには?

是非若い肌を、肌のたるみを防ぐ方法を実践して取り戻してみましょう。ハリや弾力がある若い肌は、たとえ重力があっても常にピンとはった状態だといえます。加齢とともに肌はその重力に負けてしまい、どうしても下へ下へと下がってたるんでしまいます。肌のたるみはこういった意味でも自然現象とも言えるものなのですが、たくさんの人がなんとか予防したいと思っているのではないでしょうか?目の下、頬、鼻のワキから口角、フェースラインなど、通常脂肪が多い部分が、特にたるみを感じやすいと言われているようです。ハリがなくなりたるみもどんどん進んでしまう原因は、通常肌の水分量が不足することが原因です。保湿効果の高い化粧品をできるだけいつも使うようにすることで、進行を遅らせることが可能となります。ヒアルロン酸やセラミドは、最近良く言われているように、保湿効果の高い成分だといえます。たるみへの効果は、コラーゲンも肌の深いところに作用するので、食事やサプリメントで補うことで得られるといいます。顔の筋肉の衰えによるたるみは、マッサージクリームでマッサージをすることでもハリが出て、血行が良くなるのでおすすめです。何をしてもたるみが気になる場合は、美容外科を受診するのも良いかもしれません。ボトックス注射による治療や外科的治療があるので利用し、根本的に治してみることで気になる肌のたるみも改善させることが可能です。