毛穴ケア

毛穴ケア

毛穴ケアというのは、にきび予防や、黒ずみ、開きなど防止の為には、事の他重要な事です。毛穴というのは顔や頭皮だけで約20万個、体のほとんどの部分に存在しています。皮脂分泌が多いので、汚れがたまりやすいと言われます。皮脂は肌の水分の蒸発を防ぎ、しっとりとした状態にしてくれる働きをします。毛穴に皮脂が詰まると黒ずんだり、固まって角栓状態になってしまうことがあります。皮膚の炎症やにきびは、毛穴に詰まった角栓や黒ずみを長期間を適切にケアしなかったために、肌荒れになることと関わりがあります。にきびを未然に防ぐには、毛穴のケアがとても重要になります。肌にポツポツと黒ずみがあることが、ある日ふと気になることがあります。毛穴に詰まった皮脂が酸化し黒ずみになりやすい場所に鼻の頭があります。ふと気づくと毛穴の黒ずみが小鼻にあった経験を持つ人は多いでしょう。毛穴ケアは皮脂汚れを取り除くことで、にきびを予防する効果も期待できます。皮脂汚れを放置しておくと化粧ノリが悪くなったり、しみやくすみの原因になりますので、こまめなケアが大事です。市販の毛穴パックやピーリング、毎日の洗顔などによって毛穴の状態をケアすることができます。すべてするのではなく、自分の毛穴の状態などに合わせていくつかを組み合わせたり、一つのケアを続ける事が大切です。

毛穴ケアと洗顔

毛穴ケアには幾つかの方法がありますが、最も重視すべきポイントといえば毎日の洗顔です。毛穴の汚れの多くは、皮脂が必要以上に分泌されている事が原因です。不要な皮脂を除去し、肌を清潔な状態に保っておくことが、毛穴のケアの基礎となります。洗浄力が強力な洗顔料は肌への負担になることがありますので、洗顔石鹸や洗顔用のクリームで優しく洗うようにしましょう。顔を洗う時は、石鹸や洗顔料を泡立てて泡を作ります。泡を使って、皮脂の多いTゾーンを中心に優しく指の腹でらせんを描くように、ゆっくりと洗っていきます。顔を洗う時、手のひらで顔を擦ることで汚れ落ちを期待するという人もいます。しかし、強く洗いすぎることて皮膚を傷めてしまったり、必要な皮脂も洗ってしまうことがあります。最後に、ぬるめの湯で隅々まで顔をすすぎます。洗顔後は吸水性のいいタオルで優しく顔の水分を取り除き、化粧水や保湿クリームで保水や保湿などのスキンケアをします。洗顔後に何のスキンケアもせずにいると、ぬるま湯で緩んでいた毛穴が閉じて水分を補給させづらくなります。洗顔後はすぐに化粧水などでケアするようにしましょう。少なくとも1カ月根気よく続けることで、ターンオーバーの終えた毛穴ケアの効果が実感できます。

毛穴ケアとサプリメント

毛穴ケアと言うと、洗顔やクリーム、ピーリングと直接肌につけてするものが多いと言うイメージがあるかもしれません。ビタミン、ミネラル、コラーゲンといった肌の状態を改善する栄養素を使って、体の内部から毛穴の改善をすることもれっきとした毛穴ケアといえます。ビタミンは抗酸化作用が強く、皮脂の過剰分泌を抑えて肌の腫れや炎症を予防し、毛穴が開きづらい状態にします。顔の皮膚はデリケートで刺激に弱いので、洗顔クリームは弱酸性のものを選ぶか、洗顔用の固形石鹸を用いるようにしてください。ミネラルは体の機能を正常に保つ効果があります。ストレスによる肌荒れを抑制したり肌の新陳代謝を促す効果があるのです。たるみの目立つ肌にハリを蘇らせ、毛穴を小さくするのはコラーゲンです。加齢などによってコラーゲンが不足するとたるみがおきます。たるんだ皮膚は、重力によって下方向に引っ張られるため毛穴が開いてしまいます。コラーゲンは、新陳代謝を促すだけではなく肌のハリや柔軟性を保つ成分です。摂取する事でたるみを防止する事ができ、さらには毛穴ケアもしてくれるわけです。毛穴ケアの為には、サプリメントなども上手に使って、きれいな肌を保ちましょう。